ホーム > apple mind Blog > 老化を早める習慣とは・・・?
本八幡店
2021/01/13

老化を早める習慣とは・・・?

矢田
apple mind Blog


皆さまこんにちは!

アップルマインド本八幡店です🍎

 

 

今回は『老化を早める悪い習慣5つ』をご紹介致します。

 

 

アンチエイジングの努力をしても悪い習慣が身についていると台無しに...

完全になくすのは難しいですができるだけ、体内にためないよう注意することが必要です!

 




悪い習慣


①喫煙

喫煙.jpg

タバコのニコチンは毛細血管を収縮させる作用があるので皮膚に栄養が行き渡らず老化を進めてしまいます。

また、ビタミンCを破壊する為シミを作りやすくします。

 



②ストレス

体にストレスがかかると体内ではホルモンや活性酸素が過剰になり老化を進めてしまいます。

よく笑うなどして、まめにストレスを解消することが大事です。

 



③アルコール

アルコール.jpg

アルコールが分泌される際に活性酸素が発生し、ビタミンなどの栄養素が消化されます。

飲酒は適量であれば、それほど問題はないものの飲み過ぎには注意が必要です。

 



④運動不足

マラソン.jpg

老化は成長ホルモンの減少によって進行します。しかし、運動不足ではホルモンが減少する一方...

適度な運動をするとホルモンの分泌を促し老化を遅らせることができます。

 



⑤食品添加物

日頃口にするものの中に数多く含まれているという"食品添加物"

添加物を摂ると、分解する際に体内の酵素が使われるので体の老化を早めてしまいます。

食事はなるべく手作りを心がけましょう。

 

 

皆さまはいくつ行ってましたか?

 

 

どんなに良い化粧品を使っても効果を実感しにくくなってきたり、

最近肌の調子が悪かったり…とそんなことはございませんか?

 

もしかしたら、それは悪い習慣によって起こっていることかもしれません。

 



習慣になっていることは中々離れるのは難しいことですが

出来るところから始めてはいかがですしょうか?

 

 

輝く美肌 フェイシャル専門エステ
アップルマインド本八幡店


 

Facebookで更新情報をチェック!

アップルマインド公式Facebook